お香で究極のリラックス

お香の根源

お香とは、かつては、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りそのものををいっていました。今では、線香、焼香、抹香、塗香等の香りのことも含めて、お香を呼ばれます。

 

仏教のお香

仏教の発祥地であるインドは多くの香木の産地です。
酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。

 

仏教では、香を焚くと不浄を払い心識を清浄にするとしています。
そのため、仏前で香を焚き、花や灯明とともに仏前に供します。

 

 

キリスト教のお香

キリスト教では正教会が「振り香炉」などで頻繁に用いられます。

 

「振り香炉」とは、以下の写真のように金属製の鎖によって吊り下げられた金属製の香炉のことです。
振り香炉が振られる際に発せられる鈴の音がします。参祷者に祈りを促すとともに、聖堂において炉儀が行われている事を聖堂内の信徒に知らせるチャイムのような働きを持っていました。

 

 

カトリック教会で振り香炉を用いる伝統は存在し、かつては広く用いられていました。
(プロテスタントでは、「振り香炉」は使用されません。)

 

お香の歴史は古く、紀元前3000年前のメソポタミア文明のころまで遡ります。種類も多く、白檀、丁香などのように樹木の皮、葉、根などの粉末や、乳香、安息香など、芳香のある樹脂や麝香、竜涎香など動物性のものがあり、ふつう香木と練香とに分けられます。