お香で究極のリラックス

お香の形状と分類

焚いて使用する香(焼香)と、焚かずに体に塗る香(塗香)に大きく別けられます。
市販で売られているのは、焼香がほとんどです。

 

焼香は形状によって、棒状、コイル状、渦巻状の線香・粉末状の抹香に別けられ、種類は多種に上ります。
分類すると、だいたい3つの形状があります。

 

状況によって使いわけましょう。

 

スティック形

 

特徴

燃えてる面積が均一なので、ゆったりと落ち着いた煙が立ち昇って行くといった感じです。香りも均一に広がります。煙の出方が穏やかです。

 

使用方法

適切な長さにお好みで調節して点火してご使用下さい。

 

いい点
 

調節しやすく、長さや本数を自分の好みで選択できるため、香りの強弱や時間の調整が出来ます。

 

悪い点

灰を気にしてしまいます。灰が落ちる事に備えて、それなりの受け皿をうまく考えて用意したり、灰を散らしにくい長さの調節を考えてみたり。
というわけです。

 

 

コイル形

特徴

見た目は、蚊取り線香です。
スティックよりもコイルのほうが長いので、長時間使用したい場合はコイルがいいです。広いスペースの部屋、空気の流れの多い玄関などでの使用が向いています。

 

使用方法

適切な長さにお好みで調節して点火してご使用下さい。

 

いい点

長時間たき続けることが出来ます。折って使用することで短時間タイプに変更することも出来ます。

 

悪い点

灰が落ちるので、受け皿に気を使います。

 

 

コーン形

特徴

円錐形は下に行くほど燃える面積が広くなるので、香りも徐々に強くなります。煙が多く出るので、広い場所で用いましょう。

 

使用方法

円錐の先端に点火し、そのまま香皿や灰の上に置いて使用します。

 

いい点

短時間に強く香りを出すことができる。灰を散らすということがありません。灰の後始末をする処理が楽です。人気の高い、使いやすいお香です。

 

悪い点

香りの強さと時間を調節は難しいです。